競艇の当たる予想方法と購入のコツ

競艇が大好きで毎週末になると舟券をこうしています。

中々、舟券を当てる事が出来ていませんが舟券を買ったり、競艇予想口コミ評価を見たりして楽しんでいます。

そんな私が舟券を買った際に後悔した事が何度もあります。

まずは、舟券の買い間違えです。

競艇場で舟券を買う際にマークシートを塗り潰して買い目を決定します。

私は、三連複のフォーメーションで舟券を購入する事が多いのですがその時も三連複で舟券を購入しました。

軸を決めて6頭に流すという舟券を購入しレースを迎えました。

レース結果としては、自分の購入した舟券通りの結果となり見事的中したと喜んでいました。

しかも人気の無い3着となった事で高額な払い戻しとなる事が分かったのです。

そのためレース結果が確定した後に購入した舟券を払い戻しに行きました。

自動機で払い戻しを行ったのですが、何度やっても的中していないという表示になってしまいました。

そのため一度、舟券をチェックしてみると軸は当たっていましたが、紐で選んでいたが間違っている事に気付きました。

買おうとしていた番号を勘違いしており、当たっていたはずの舟券が外れ舟券となってしまったのです。

その時は、本当に悔しい思いをしました。

もし、当たっていれば万舟券の払い戻しとなっていたので後悔してもしきれない状態でした。

マークシートを塗り潰した後にチェックを怠っていた事により間違えが発生してしまったのです。

思わぬミスにその時は本当に後悔しました。

この時の経験から舟券購入時のマークシートを記入後は、必ず買い目の再チェックを行うようにしています。

今でもあの時にしっかりマークシートをチェックしていればと思い出す事があります。

自分が購入する買い目が合っているかどうかしっかりと確認する必要があると改めて感じました。

次に単勝で購入した際に1,2着が逆で万舟券を逃した事もありました。

買い目を少なくして一点に賭けるお金を多くしようと単勝の舟券にした事が逆効果となってしまいました。

単勝で1着、2着の表裏を買っておけば掛け金は少なくなりますが万舟券となっていました。

自信がある場合でも単勝を購入する場合は逆の立場に買い目も買っておいた方が良いと気付き後悔しました。

以上、舟券を購入した際に後悔した事は非常に多いです。

後悔した経験を次に活かせるようにしたいと思っています。

特にマークシートの記入間違えや番間違えは後から後悔します。

購入時に何度もチェックする事が重要です。