競艇の当たる予想方法と購入のコツ

競艇予想を行う際のコツについて

ギャンブルに興味がある人なら、競艇に挑戦したいものの何を基準にどう予想したら良いのか分からないという人が少なくないです。

ですが基本的にはレース展開を事前に予想して、どのボートが有利になりそうかを判断します。

そしてそんな風にレース展開を予想する際に忘れずにチェックしておきたいのが、レースが始まる前に行われる展示航走です。

この展示航走にはスタート展示と周回展示の2種類存在しているので、しっかりチェックする事が大事だったりします。

スタート展示をチェックする事で、きちんとスタートのタイミングが掴めているかどうかを知る事が可能です。

その後もスタート後の伸び具合や、どのコースを取ろうとしているのかを把握する事が出来ます。

周回展示からは周回時のタイムは良好であるか、或いはターンはスムーズに行えているか等をチェックする事が可能です。

なのでこの様に展示航走をしっかりチェックする事で、レース展開の予想を組み立てる事が出来ます。

ただし展示航走だけでなく、他の要因も組み合わせる事でより精度が高い形でレース予想を行う事が可能です。

予想をする際にチェックすべきポイントとしては、モーターも外せません。

幾ら技術力の高い選手でも、モーターが悪ければ格下の選手にも負けてしまう事が少なくないです。

ボートの原動力であるモーターはレースで重要なスピードを大きく左右するので、予想する際にはきちんとこの要素を組み込む必要があります。

なのでモーターの勝率チェックは、欠かさずにしっかり行うべきです。

ただしモーターは勝率だけでなく、状態もチェックする事が必要だったりします。

例えば勝率の高いモーターでも、直前にシリンダーケースやクランクシャフトを交換している場合は注意が必要です。

これらはモーターの心臓部と言える程に重要な部品なので、わざわざ交換した場合にはかなり大きなトラブルが起きていると言えます。

なのでモーターが不調に陥っている可能性が高いです。

更に競艇を予想する上に、その選手の調子も重要だったりします。

調子に関しては前走や前々走といった近いレースの成績をチェックすればある程度把握可能です。

余りに成績が悪い場合には、その選手はスランプに陥っている可能性があります。

そしてレース当日の風向きも、競艇を予想する上で重要な要素です。

ボートレースでは追い風と向かい風という形で、スタートした直後の風向きを表現しています。

基本的には追い風の際は1から3枠までの内枠が有利で、向かい風の場合には4から6枠までの外枠が有利になるのです。

だからこそ風向きという要因もしっかり抑えて、レース展開を予想する必要があります。